サイトマップ | ATOM | RSS2.0 | ROR

多汗症の原因 遺伝、食事、肥満:多汗症の原因

多汗症の原因 遺伝、食事、肥満:多汗症の症状と原因について説明しています。

スポンサードリンク

トップページ > 多汗症の原因 >> 多汗症の原因 遺伝、食事、肥満

多汗症の原因 遺伝、食事、肥満

多汗症原因には、遺伝もある程度関わっているようです。

多汗症の一般的なものとして、精神性発汗がありますが、
これは緊張しやすい性格や、神経質な性格が原因となり引き起こされることも多いため、
遺伝的な要素を否定できません。

また、食事原因となる、味覚性多汗症は、辛いものを食べると汗をかく
味覚性発汗が過剰な場合に多汗症症状としてあらわれるものです。

タバコのニコチンやコーヒー、お茶などのカフェインを過剰摂取することも、
交感神経が刺激されて、汗が多量に発汗される原因となります。

肥満型の人は多汗症のように思われがちですが、皮下脂肪が厚いために、
熱を放出しにくくなり、たくさん汗をかいて体温調節をしているだけで
肥満が多汗症原因と繋がるわけではありません。
しかし、手のひらや足の裏など局所的に多量の汗がでる場合は、
多汗症の可能性が高いでしょう。

内臓脂肪の多い人の汗は、臭いの元になる脂肪酸が多いため、
体臭原因になるので注意が必要です。

関連カテゴリー: 多汗症の原因

多汗症の原因関連エントリー

多汗症の原因 精神性発汗型多汗症 / 多汗症の原因 病気や疾患、ホルモンバランス / 多汗症の原因 遺伝、食事、肥満 / ワキガと多汗症の違い /

多汗症の原因:カテゴリーリスト

多汗症の原因 / 多汗症セルフケア /