サイトマップ | ATOM | RSS2.0 | ROR

スポンサードリンク

多汗症の原因 精神性発汗型多汗症

多汗症とはさまざまな原因により、エクリン汗腺より多量の発汗が起きる症状のことで、
全身にたくさんの汗をかく全身性多汗症と、手のひらや足の裏、わきの下や頭、
顔と、限られた部位に、多量の汗をかく局所性多汗症があります。

その原因について、最も一般的なものは、緊張や不安のため、
手や足から大量の汗がでる、精神性発汗型多汗症です。

ストレス緊張のために、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が副交感神経よりも
優位になるため、汗腺の働きが活発化して発汗を促します。
交感神経の反応が敏感な人ほど、発汗しやすく、多汗症になりやすいようです。

精神的なことが原因多汗症になってしまう人の多くは学校や会社、
または通学・通勤途中で症状がでて、帰宅途中や家の中では症状がでないという特徴があります。

そういった特徴から、神経質で几帳面な人や完璧主義者や潔癖症、自己抑制をしすぎる人、
マイナス志向の人などが、多汗症になりやすいと言えるでしょう。

関連カテゴリー: 多汗症の原因

多汗症の原因 病気や疾患、ホルモンバランス

中枢神経の異常や循環器疾患、内分泌異常、代謝異常など、
病気や疾患により多汗症になることもあります。
こういったタイプの多汗症は、手のひらやわきの下などの局所的発汗ではなく、
全身に起こることが多く、全身性多汗症に分類されます。

多汗症原因になることのある病気や疾患は、バセドー病、褐色細胞腫、
末端肥大症、急性リウマチ、生殖器障害、糖尿病、結核などです。

突然、汗の量が多くなった場合は、病気や疾患による可能性があるので、
早めに診察を受けましょう。

その他、ホルモンバランスの崩れが原因で、多汗症になるケースもあります。
ホルモンバランスが崩れると、自律神経に影響を及ぼし、多汗症となってしまいます。
特に女性の場合、ホルモンバランスの崩れる更年期は要注意です。

更年期多汗症予防には、大豆製品に多く含まれるイソフラボンや、
レッドクローバー、葛の根などで女性ホルモンのバランスを整え、
更年期における体調不良を緩和しましょう。

関連カテゴリー: 多汗症の原因

多汗症の原因 遺伝、食事、肥満

多汗症原因には、遺伝もある程度関わっているようです。

多汗症の一般的なものとして、精神性発汗がありますが、
これは緊張しやすい性格や、神経質な性格が原因となり引き起こされることも多いため、
遺伝的な要素を否定できません。

また、食事原因となる、味覚性多汗症は、辛いものを食べると汗をかく
味覚性発汗が過剰な場合に多汗症症状としてあらわれるものです。

タバコのニコチンやコーヒー、お茶などのカフェインを過剰摂取することも、
交感神経が刺激されて、汗が多量に発汗される原因となります。

肥満型の人は多汗症のように思われがちですが、皮下脂肪が厚いために、
熱を放出しにくくなり、たくさん汗をかいて体温調節をしているだけで
肥満が多汗症原因と繋がるわけではありません。
しかし、手のひらや足の裏など局所的に多量の汗がでる場合は、
多汗症の可能性が高いでしょう。

内臓脂肪の多い人の汗は、臭いの元になる脂肪酸が多いため、
体臭原因になるので注意が必要です。

関連カテゴリー: 多汗症の原因

ワキガと多汗症の違い

多汗症ワキガに少なからず影響することはあっても、多汗症が原因で
ワキガになるということはありません。多汗症とワキガは全く違う病気なのです。

多汗症は、唇と陰部以外の体全体に存在しているエクリン汗腺から、
臭いのないさらさらの汗を多量に分泌する症状です。

一方ワキガの場合は、わきの下や乳輪、陰部など限られた部位にあるアポクリン汗腺から
分泌される粘り気のある汗が原因で起こるものです。
アポクリン汗腺は、性ホルモンが発達する頃から、粘り気のある汗を分泌し始め、
アポクリン汗腺からの汗が細菌によって分解される時に、異臭を発生させ、ワキガとなります。

このように、多汗症ワキガは違うものですが、関連性はあります。
多汗症の人が多量に発汗するエクリン汗腺は、アポクリン汗腺を広げていく作用をするため、
アポクリン汗腺からの汗が原因となるワキガ臭を発生させやすくしているのです。

多汗症を少しでも改善することがワキガ抑制にも繋がりますね。

関連カテゴリー: 多汗症の原因

多汗症のセルフケア

汗のかきにくい環境で毎日を過ごしていると、汗腺機能も衰えてきます。
運動不足やエアコンで、ほとんど汗をかくことがない場合、たまに発汗しても、
ベタベタとしたいやな臭いのする汗になります。
逆に、毎日、よく汗をかく人は、さらさらで臭いのない汗です。
そのような良い汗がかけるように、毎日の生活に気をつけてみましょう。

入浴時は、充分な発汗ができるチャンスなので、シャワーだけで終わらず、
湯船にゆっくりとつかって、体を温めて汗をだすようにします。
汗をかく習慣が身につけば、衰えていた汗腺機能も復活して、無臭でさらさらの
汗がでてくるようになります。

また、食生活も大切です。
アルカリ性食品や、緑黄色野菜、海草などをバランスよく摂り、塩分や糖分は控えめにして、
規則正しい食生活を心がけましょう。

それから、汗をかきやすい時期には、濡れタオルでこまめに汗をふき、
雑菌の繁殖からくる臭いを防ぎましょう。
このように、ワキガや多汗症を少しでも改善するためには、毎日のセルフケアが大切です。

関連カテゴリー: 多汗症セルフケア

多汗症の原因:カテゴリーリスト

多汗症の原因 / 多汗症セルフケア /